ZOEMOOI (ゾーイモーイ)

ケルベロスの覚醒

¥2,500

眠っていた恐怖が、目を覚ます。 三つ首の番犬ケルベロスから仲間の魂を救い出す、2人用協力ゲーム! 

ゲーム概要

  • 失われてしまった仲間の魂を取り戻すため、冥府にやって来た2人が協力してケルベロス(オートマ)に挑む、ライトなメカニクスゲームです。
  • ハープの音色で全ての頭が眠った状態のケルベロス。2人はケルベロスがまどろむ間に魂を回収していきます。ただし、事態はそう簡単でもないようで・・・ケルベロスが目を覚ますと反撃がはじまり、ついには覚醒も?
  • 冥府の暗闇といつ起きるかもしれないケルベロス・・・「想定外のこと」ばかり起きる中、2人は無事全ての仲間の魂を救い出すことができるのでしょうか?
プレイ人数 2人 プレイ時間10〜20分
対象年齢10歳〜 価格2,500円
発売時期2022春 予約
ゲームデザインzoemooi イラスト・DTPなかむらゆき

ゲーム詳細

眠っていた恐怖が、目を覚ます。

ギリシア神話では、オルペウスという名の青年が「竪琴の音色」を使ってケルベロスを眠らせたと言われていますが、このゲームではハープの音色によって、全ての頭が眠った状態からスタートします。 プレイヤー2人の目的は、ライフを残した状態で仲間の魂を全て回収することです。そのためには2人の戦略を合わせることが重要です。戦略がズレてしまうとケルベロスが目を覚ましてしまうかもしれません。目覚めたケルベロスは2人がせっかく回収した魂を捕らえるために襲ってきます。自由な意思疎通が制限される中、2人の運とチームワークが試される協力ゲームです。

 

パッケージ表面&裏面イメージ

  

  

内容物イメージ

「ケルベロスの覚醒」の特徴① 
見た目も楽しい、ハラハラドキドキ ケルベロス ギミック

ケルベロスの目覚め
このゲームではケルベロスのアクションカードの1種である「目覚め」を引いてしまうと、眠っていたケルベロスが起きてしまいます。
引いてしまった「目覚め」のカードをケルベロスカードの下に潜り込ませ、ケルベロスカードを反転させることによって、ケルベロスが起きる様子を表現しています。

 

ケルベロスの眠り
プレイヤーは選択カードの1種「ハープの音色」のカード効果を使うことで、起きてしまったケルベロスをゲーム中に再度眠らせることもできます。

 

このゲームでは、全てのケルベロスが眠っている状態からスタートします。
ゲームの進行とともに、ケルベロスが3頭とも目を覚ましてしまったり、ハープの音色によって再度眠ったり・・・という状況が生まれます。
ケルベロスが起きている数が多いほど、プレイヤー2人の目的である「魂回収」が難しくなります。

「ケルベロスの覚醒」の特徴② 
シンプルなのに、盛り上がる! 「2人の選択」システム!

 

テーマとメカニクスについて

「2人の選択」システムはメカニクスのジャンルとして考えると「ディスコミニケーションの協力型バッティング」となります。
ケルベロスを起こしてはいけないというシチュエーションによって、プレイヤー2人の会話は制限され、
冥府の暗闇の中では、お互いの行動(どの選択カードを選ぶのか)を予測しなければなりません。
その中で魂回収をスムーズに達成するには、2人の息が合うかどうかが重要です。
ただし、ケルベロスの目覚め、眠りの状態にその時回収できている魂の数、場にでた3枚の選択カード、残りライフ・・・などなど、
プレイヤーがおかれる局面は様々で、どの選択カードを選ぶのかに正解はありません。
3枚の選択カードが場に出た時に、困って思わず2人で顔を見合わせて笑ってしまうこともあるかもしれません。

つまり、このゲームは、2人の価値観・・・ではなく2人の戦略や性格が可視化される、そんなゲームに仕上がっています。

 



▼実際の説明書からの抜粋でイメージをお伝えします。

 

★実際の説明書データは下記となります。デジタル上では見づらいですが、左側を上から下に見た後、右側を上から下に読んでいく流れになります。)

表面

裏面

 

★「メドゥーサの敗北」同様にゲームマーケット会場購入特典もあります♪

 

ゲーム体験

スタンダード, 1~2人用, ボードゲーム, バッティング, その他,